BAPE® BLACK 2022年春夏コレクションは、80年代のマイアミにインスパイアされた明るくカラフルなフローラ柄を取り入れ
アーバンラグジュアリーなスタイルを提唱します。

80年代のマイアミからインスピレーションを得たこのコレクションでは、フラミンゴ、トロピカルフラワー、ヤシの木などのパターンを、シグネチャーのMAD FACEモチーフとともに、大胆かつクリエイティブなアイテムで表現しています。


ハワイアンシャツをはじめ、TEEやバスケットボールショーツなど、様々なアイテムに同テーマの柄が採用され、まとまりのあるコレクションとなっています。

バンダナ柄は、いつものダークな色調から一転、MAD FACEとペイズリー柄を中心に、パステルピンクやグリーン、シャープなパープルやイエローなどのカラーを使用したオリジナルデザインです。マイアミの活気をさらに伝えるため、ジャケットとパンツはヴィンテージ風のカラーリングでデザインされています。


シルクのハワイアンシャツ、ルーズフィットのカットソーは、ブランドの都会的なラグジュアリー感を強調、スターリングシルバー925のコレクションでは、ゴールドのリングやブレスレット、シルバーとゴールドのコンビのブレスレットなど、グラマラスな色合いを放ちます。

 

また、BAPE® BLACKの春夏コレクションは、フットウェアブランド「YUKETEN」とのコラボレーションローファーや、シルバーアクセサリーブランド「REDMAN.」とのコラボレーションがあり、充実したラインアップとなっています。

YUKETENは、1985年にYUKI MATSUDA氏によって設立されました。
アメリカの伝統的なクラフトマンシップと日本のデザイン美学を融合させたブランドです。今回のクロスオーバーでは、YUKETENのシグネチャーデザインである”モックイスキア”ローファーにスムースブラックレザーを使用し、タイムレスなクラシックさを表現しています。YUKETENが誇るクラフトマンシップが存分に味わえるビルドクオリティと、BAPE® BLACKの特徴であるゴールドチェーンは、オリジナルのチェーン装飾に代わり、よりエレガントな華やかさを演出しています。

日本のシルバーアクセサリーブランドREDMAN.は、1950年代に渡米した石橋征道がネイティブアメリカンの文化や伝統に惚れ込み、作品の中心テーマとしたものです。今回のクロスオーバーコレクションでは、ネックレスとチェーンペンダントのセットが登場。シルバーとゴールドの2色展開で、ペンダントはホーリーパフフェザーからインスピレーションを得て、先端にBAPE® BLACKのMAD FACEモチーフを加え、ネックレスはMAD FACEモチーフをあしらって、まとまりのあるコレクションに。

BAPE® BLACK 2022年春夏コレクションは、一部のA BATHING APE®正規取り扱い店舗及びBAPE.COMにて2022年2月27日(日)より発売開始。


 

BAPE® BLACK 22SS LOOKBOOK

 


 

BAPE® BLACK 22SS PRODUCTS